サラリーマンクエスト〜元美容師のサラリーマン生活〜

元美容師、現サラリーマンの日常。色々な事に挑戦し、経験した事、また、日常のあれこれを書いていきます。

日本にカジノが出来たらどうなるか?いいことたくさんじゃないですかwww



↓応援クリックよろしくお願いします↓


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

僕は、現在お小遣い稼ぎとしてオンラインカジノで遊んでいます。

とても楽しいですwww

パチスロいかなくなりましたwww

 

そしてとうとう日本にも!!

最近ニュースになってましたが日本にもカジノが出来るかもですね!!

では、カジノが日本にできたらどんないいことがあるのか?

調べてみました!!

f:id:netkajino:20131229235129j:plain



"税収を増加させることが出来る"

競馬のように「公営ギャンブル」としてカジノを運営することで、利益を上げることが出来るようになります。



"国内だけでなく海外からの観光客を呼び込むことが出来る"

ラスベガスやマカオのカジノにも、日本人を始めとして多数の外国人観光客が出かけています。




"新たな雇用の場を生み出すことが出来る"

ここでいう「新たな雇用の場」とはもちろん、カジノ施設の運営や施設自体の建設のことです。




"(自治体の)観光収入を増加させることが出来る"

沖縄県の報告書より。自治体だけに留まらず、地域経済の活性化にも繋がります。

"ギャンブルから未成年者を排除することが可能"

未成年者へ悪影響を及ぼすというデメリットが声高に叫ばれていますが、「入り口で本人確認を徹底する。」たったそれだけのことで未成年者の排除が可能になります。「違法賭博」のマーケットは賭博行為の合法化により、現在より規模が縮小することが予想されます。



"違法賭博場を減衰させることが出来る"

現状では「賭博は違法」となっていますが、実際は「ビデオポーカー屋」「レース喫茶」「カジノ」などの「違法営業」が存在しています。「賭博を合法化する」ことで違法営業をを減らすことに繋がります。



"既存観光資源の集客力が弱い時期(夏・春など)や時間帯(夜)における、新しい集客施設として機能させることが出来る。"
例えば沖縄の場合は、観光客がシーズンオフの冬や夜には少ないようです。




"現在、国外のカジノで消費されている金額を国内消費とすることが出来る"

韓国への年間渡航者は240万人。その内の36万人がパラダイスウォーカーヒル(ソウルのカジノ)へ入場しているそうです。



以上です。

色々ありそうですね。

もちろんデメリットもあると思います。

さてどうなるのか?


とりあえず、オンラインでカジノできるからまあいいかwww

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村